土地価格は不動産屋で確認するもの?

土地価格の種類と、実際の土地の値段

土地価格は、目的によって使用する数値が違う

土地価格の種類と、実際の土地の値段

土地価格は、相続税、贈与税においては、路線価というものを調べます。

この土地価格は、実際に売買される価格よりも安く設定されています。

一口に土地価格といっても、実際はその地元の不動産屋さんに実際に取引する際の売買価格を訪ねてみないと、はっきりした価格はわかりません。

そもそも、実際に売却された値段が、その土地価格になると考えれば、売れるまではわからないとすら、言えるようなものなのです。

土地の大きさ、ロケーションだけでなく、需要と供給で市場価格は決定されていきます。

公的には、公示価格、路線価、固定資産税評価額など、何重にも価格設定がされているため、なかなかわかりにくいコンセプトともいえます。

相続税、贈与税は、実家から実家の土地や建物を譲り受けた際、税金の計算をする際の金額になります。

相続税、贈与税を計算する相続税評価額は、土地価格のうちの路線価をつかいます。

この路線価は、売却時の実勢価格のうち、70パーセントから80パーセント程度に設定されているのが一般的です。

土地価格は、固定資産評価額、路線価、公示価格、売買取引価格の順に価格が高額になります。

売買取引価格は実勢価格といって、これを基準にすると、他の公的な価格は安く設定されています。

土地価格の種類と、実際の土地の値段 Copyright (C) www.chinaarena.com. All Rights Reserved.